スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮舫さん、中学生相手に詭弁は見苦しい 2010.12.11


この間、蓮舫さんが中学生による「事業仕分け」に参加して、「子ども手当」の説明をなさったそうです。

中学生代表4人の「仕分け人」は、

「所得制限がないのはおかしい」「財源がないならやめるべきだ」

と廃止を主張していたようですが、
いつもと逆に仕分けられる側に回った蓮舫さんは

「各家庭の事情は異なっており、所得だけで区別するのは適切でない」
などと懸命に説明し、額の在り方は点検すべきだが継続が必要と訴えたようです。

その結果、3年生約100人の判定は、当初多数だった「廃止」から「継続」に逆転。

蓮舫さんは記者団に「中学生はよく勉強していて、いい議論になった」と述べられたとか。


中学生の仕分け人は「財源不足では子供手当廃止」と主張。
これ正論でしょう。

しかし蓮舫さんは論点を変えて誤魔化したため、中学生も騙されたようです。
まるで、民主党が国民を騙すパターンの縮図のよう。


税収(収入)より予算(支出)が多いのなら、バラマキである子供手当の廃止は当然でしょう。

子供手当が将来の投資になるならよいですが、景気が悪いので、かなりの割合が生活費に使われているようです。

真っ先にやることは景気の向上でしょう。
国民の収入増でしょう。

景気向上を図らず、借金をどんどん増やし、中学生に将来、重税を課すおつもりか。

蓮舫さん、
子供に詭弁はいけません。


村上よしあき後援会



沖縄県知事選 2010.11.29

沖縄県知事選の結果は、仲井真氏が再選となりました。

米軍基地問題について、記者の質問に対し、「県内移設もうない」と発言していたようです。

仲井真氏は、「本当は県内」であると密約があるとの噂もありますが、選挙で「県外移設」と言った人が当選し、その後「県内移設」と言っても県民は許しません。
自民党県連は「県外移設」で意見がまとまっている様子です。

宜野湾市長選では革新候補が当選したとのことです。
これから泥沼化し、なかなか結論が出ず、時間だけが過ぎ去ることでしょう。

ただ一人、日本の未来を守るため正論で戦った、金城タツロー候補、本当にありがとうございました。
また地元新聞社が最後まで黙殺という異常な状況においても応援してくださった皆様、心より感謝いたします。

しかし、これからの日本が心配です。


村上よしあき後援会



最近思うこと 2010.11.27


いったん地元宮城を遠くはなれておりますが、


離れれば離れるほど、


会話しなくとも


心が通じてくることがあるんだなと感じております。


北朝鮮の暴走がニュースをにぎわしておりますが、


先の大戦のとき、


地元を離れて、お国のために散っていった諸先輩の


緊張感、


使命感、


家族への念い、


友人への念い、


戦友への念い、


そして、


未来への念い


はいったいどんなだったんでしょうか。


私みたいな人間にはまだまだ洞察できない心境がそこにはあったんだろうなと、


最近はふと考えることがあります。


そして私としては、どうしても、


彼らの真実の魂を、


冒涜しない世の中にしたいと思います。


そしてそれは、本当の平和を実現することでもあります。


平和を実現するには、


政治の力がやはり必要です。


そしてその政治に力を与えるのは、


やはり民衆です。


沖縄県知事選も近いですが、


沖縄県民の「民意」と呼ばれるものが、


曲げられず、


真実、諸先輩の供養に値するものとなりますように。


日本の平和に貢献するものでありますように。


アジアの平和に貢献するものでありますように。


世界の平和に貢献するものでありますように。


ただただ、祈りたいと思います。


そして私として、最高の自己を差し出そうと思います。


主よ、


私が純粋に主の御心にかなった活動ができますように。



赤心、愛の念いで、最後まで使命を全うできますように。


たった一滴かもしれないですが、


みんなで力を合わせて、愛の大河となることを目指したいと思います。


村上




危機管理大丈夫? 2010.11.24


「北朝鮮が韓国の島に砲撃を加え、韓国軍も応戦したという報道があり、私にも3時半ごろに秘書官を通して連絡がありました」
菅首相は事件を報道で知ったと言ってました。

首相は自衛隊の最高指揮官ですが・・・

はずかしくないものか。
あまりに危機管理が薄すぎる。
ちなみに尖閣諸島や沖縄に中国が攻撃を加えてきても、報道で知ることになったら困りますよ。

こんな日本のトップでも自衛隊と米軍のおかげで国が守られております。


今回の北朝鮮の砲撃は金正恩後継体制を固めるための実績づくりでしょう。
すぐに全面戦争となる可能性は高くはないと考えられますが、韓国は、北朝鮮による第二撃があった場合、即座に反撃することを表明しています。

日本は「周辺事態法」に基づき、自衛隊の運用体制、邦人救出体制など有事に備えた体制とすべきです。
また、「日米同盟」の強化を確認するとともに、韓国との連携強化を明確にし、「北朝鮮による武力挑発は許さない」という「毅然たる」意志を示すべきです。

事実、仙谷官房長官は北朝鮮の行為を「許し難い。強く非難する」とし、韓国政府の立場を全面的に支持する意向。
北朝鮮による砲撃について、仙谷長官は「挑発行為」と指摘し、「偶発的な事件ではない」との見方を示し、北朝鮮に対する追加の制裁措置を検討する模様。

仙谷長官の対応はご立派です。

しかし、それでも民主党は、高校無償化の対象に朝鮮学校を含めるのでしょうか??



村上よしあき後援会



アキ缶ハ、クズカゴヘ 2010.11.23

菅内閣、民主党の支持率が急降下。

民主党が政権を取って1年弱、民主党という政党がここまで稚拙で無能な政党であったということが国民にも分かってきたのでしょう。
そして菅内閣は、かつてなく今後もないほど史上最低内閣とも言われています。

「この政権はもう終わっている。民主党政権は、平気でうそをつくDNAがあるんじゃないか」
22日の参院予算委員会で、自民党の丸川珠代氏は首相の柳田氏の任命責任を厳しく追及してました。

そしてどこまでも責任逃れをする菅総理。
柳田辞任劇においても、前夜まで続投の意志を示して意気軒昂だった柳田法相が、自分から辞めるなどと言出だす筈はありません。菅首相と仙谷官房長官に説得されたのでしょう。

すべての判断を他人に押し付けて、自分は責任逃れをしようとするのが菅首相の常套手段。
尖閣衝突事件の時もそうでした。
中国人船長の釈放を那覇地検の判断であったかのように糊塗し、自分は責任逃れ。
何一つ責任を取ろうとしない、日本をどうするかも示すことの出来ない菅首相。

外交では不手際をさらし、閣僚の手綱さばきもおぼつかなく、国民に何をしたいのかも示せない。
今後の国会運営にも何ら展望は見えてこない。

はやく民主党政権を消滅させなければ日本が消滅してしまいます。

「アキ缶ハ、クズカゴヘ」

もれなく悪臭漂う亡国装置も。。。



村上よしあき後援会



«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。