TOP > 政治と宗教の統合

スポンサーサイト --.--.--

政教分離について 2010.07.13

政治と宗教を分けなければならないというのは、必ずしも普遍的な真理ではありません。もともと、政治と宗教は一体のものでした。ただ、キリスト教とイスラム教や、新教と旧教の対立によって、弾圧や戦争が絶えなかった西洋世界から出た、約束事に過ぎません。東洋の宗教は、仏教にしろ、道教にしろ、日本神道にしろ、基本的に多神教であって、他の宗教に対して寛容なものが多く、だから大きな対立は無く、「政教分離」という考え方...

スポンサーサイト

正しい宗教が人類を幸福にする 2010.06.19

国の繁栄は、正しい宗教の繁栄から始まります。そして、これから求められる正しい宗教は、民族の枠を超えたものでなくてはならないのです。21世紀の世界の流れは、すでに見えてきました。「科学万能の21世紀がつくり出した大量の暗黒想念を、いかにして晴らすか」ということが次の時代の課題です。また、21世紀には、民族と宗教の問題が世界各地から噴出するでしょう。その問題を解決するための世界宗教の出現こそが、現在、...

「宗教立国への道」要旨 2010.05.30

2010年05月30日に行われた、大川隆法総裁先生大講演会の内容(要旨)をお知らせします。ここ数年、幸福の科学では自殺者を減らそうキャンペーンを続けているが、日本では3万人以上の自殺者が出続けている。これは思想だけで救えるものではないと、つくづく感じている。現実の政治の仕組み、国家の運営の仕方がまずければ、救えない命もあるのだということを知った。この世の大きな枠組も変えていかなければならない時期が来ている...

政教分離をお聞きします。 2010.05.01

幸福実現党公認 村上よしあきは「政治と宗教の統合」を訴えます。政教分離を主張されるあなた。理想の政治とは、どんな政治ですか?国民の大多数が、政教分離が良いこと、とお考えのようです。では、理想の政治とは?お答えできますか?衆愚制に陥り、独裁者が現れ、最終的に国民が不幸になりませんか?過去の歴史がそうでした。日本もそのようにしたいのですか?今の政権をご覧なさい。小沢一郎の思うがまま。最近は支持率が落ち...

宗教課税 2010.04.25

幸福実現党公認 村上よしあきは「政治と宗教の統合」を訴えます。宗教への課税問題幸福実現党が、「宗教立国」を政策に掲げた部分に、強烈な批判を加える方々が、たくさんいます。こともあろうに、宗教に課税すべき、と主張する人たちが、どんどん増えてます。この人たちは、人間の本質を全く理解していません。宗教が人間にとって、とても大切であることを理解していません。信者がどのような気持ちで宗教へお布施をしているのか...

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。