TOP > ザ・リバティ

スポンサーサイト --.--.--

文明の枠組みを広げる方法(2-2) 2010.04.07

大胆に規制緩和で安くて広い住宅を現状では、日本の容積率は驚くほど厳しく規制されている。人口が密集する東京23区でも、容積率が200%以下の地域が約6割を占めている。ニューヨークのマンハッタンの平均容積率は1400%にも上がっており、土地利用の効率に圧倒的な差があるのが分かる。従って日本は急速に大胆な規制緩和をする必要がある。2001年の建設基本法改正によって、大手町、丸の内、有楽町の3地区で容積率の売買が可能にな...

スポンサーサイト

文明の枠組みを広げる方法(2) 2010.04.06

インフラ整備と規制緩和で時間と空間を有効活用時間と空間の有効活用も重要だ。例えばインフラ整備。鉄道網や航空網の整備をして、時間と空間をより効率的に使えるようになれば、人口の増える余地は広がる。リニア新幹線などによる交通革命は特に効果的だろう。そして、人口を増やすのに決定的になるのが「居住環境の改善」だ。日本は住宅が狭く、かつ、その平均価格も年収の約5倍と高い。子供を育てるのにお金がかかる上、家が狭...

文明の枠組みを広げる方法(1) 2010.04.05

文明の枠組みを広げる方法(1)食料、資源、エネルギーの分野でイノベーションを起こす文明の枠組みを広げて、養える人口を増やすことができるのだろうか。まず必要なのは何と言っても「食料増産」だ。日本の食糧自給率は40%と低水準と低い水準にとどまっており、世界的に人口が急増する中で食糧危機の不安が消えない。これでは人口を増やしようがない。従って、農業への参入を自由化し、日本の高度な農業技術をさらに低コスト化...

人口は増やせる! (4) 2010.04.02

「新たな文明の創造」で人口減少を乗り切れ■新たな文明を創るチャンス私は日本の将来を決して悲観しているわけではありません。人口が減少する閉塞状態に陥るのは、長い歴史のなかで見ると、ほんの一時期にすぎません。むしろ壁にぶつかった今こそ、新たな文明を創り出すチャンスです。日本はこれまで、外から入ってきた文明で限界を迎えたときには、それを日本型に置き換えて未来を切り開いてきました。現在の科学技術や市場経済...

人口は増やせる! (3) 2010.04.01

「新たな文明の創造」で人口減少を乗り切れ■夫婦の生活水準をとるか、子供を産むか「人口容量」の内容を具体的に言うと、「食料」や「居住環境」「所得」「時間と空間の自由度」などで構成される生活の全体、いいかえれば「生活水準」ということができます。社会全体の豊かさや自由度がまだまだ伸びている時代であれば、人口を増やしつつ生活水準を保つことが可能だったのですが、もはや伸びない時代になると、家族単位でも、子供...

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。