TOP > 中国の脅威

スポンサーサイト --.--.--

【緊急拡散】中共が尖閣諸島を奪う 2010.09.15

【緊急拡散】中共が尖閣諸島を強制的に奪う方針を決定JSNニュースより中国では、 ◎9月18日から日本製品の不買運動が予定されている。 ◎10月1日に日本大使館に対する抗議デモを予定している。そのために、ネットで投げつけるための石やレンガ、卵などの募集が行われている。 そうです。 閣諸島に関する中国人民解放軍の本音に関する情報 「11日の夜に、南米から帰国した梁光烈国防部長がその日の夜、緊急作戦会議を開催...

スポンサーサイト

【緊急拡散】日本(尖閣)が危ない! 2010.09.12

【緊急拡散】日本(尖閣)が危ない!日本の尖閣諸島が中国に奪われそうです。 小沢一郎氏がテレビ番組で、「尖閣諸島は一度も中国の領土になったことない」と発言。 すると、その発言に抗議するかのように、中国の漁船が尖閣諸島付近を航海して、そして海上保安庁に拿捕された。これに対して、香港、マカオ、台湾、そして大陸でも抗議活動が起こり、香港では大使館前でデモまで行われた。 尖閣諸島の領有権を主張する香港の団体「...

中国で「沖縄返せ」の声 2010.08.22

8月18日の毎日新聞に、海をゆく巨龍:転換期の安保2010 中国で「沖縄返せ」の声「琉球併合に国際法上の根拠はない」学者ら論文、06年以降20本と言う見出しで、記事が掲載されました。本メルマガやブログでも、中国による、尖閣や沖縄に対する覇権の危険性を主張してきましたが、万博も終わりに近づき、そろそろ動き出す気配があります。尖閣が問題になっていた頃、尖閣は中国の領土になる余地は全くないにもかかわらず、...

中国国民の「常識」 2010.05.13

今、万博の開催で世界から注目されている上海。わずか五年前には、大規模な暴動で世界の耳目を集めていました。「上海反日暴動」です。 暴徒は日本企業や日本料理店などを襲撃、また、留学生たちは日本人であることがバレると、暴行を受けました。その暴動に巻き込まれた沖縄出身の留学生が、暴徒に、「オマエは何処から来たか?」と、たずねられたそうです。「琉球から来た」と、留学生が答えると、暴徒は、「ああ、オマエは中国...

中国の偏った国民教育 2010.05.10

国民教育は全ての面で偏っています。徹底した反日教育をしてます。反日教育だけではなくても、たとえば中国共産党は一体国民のために何をしてくれたんですか、という疑問が、国民にあります。天安門では何が起きたんですかと。中国共産党は国民を弾圧して殺したんじゃないか。未だに天安門事件の研究は許されてないんです。だからネットでも『天安門』と検索すると、画面がフリーズしてしまい、削除されます。国民教育そのものが対...

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。